Menu

HPE ASE Data Center Network 2018年1月17日

この認定資格は、従来環境、クラウド環境、およびコンバージドインフラストラクチャ環境で、統合された複雑なエンタープライズレベルのデータセンターネットワークを展開できることを検証します。

さらに、この認定資格は以下が行えることを確認します: 

帯域幅使用量の多い、遅延の影響を受けやすい、サーバー間のトラフィックをサポートするために、オープンな標準ベースのソリューションを使用する。

クラウドサービスやセキュリティの技術革新に対してネットワークの準備をする

データセンターのネットワーキング要素とともに、サーバーやストレージネットワーク関連コンポーネントを統合する

この認定資格は、次の選択領域のいずれかの専門知識も検証します。

HPE FlexFabric Data Centers

HPE FlexNetwork Solutions

Aristaスイッチングテクノロジー

この認定資格を取得する理由

エンタープライズレベルのデータセンター ネットワークソリューションを統合できる知識豊富なエキスパートとして自分自身を位置付ける

企業のビジネス要件をサポートする、きわめて拡張性の高いカスタムネットワークソリューションを導入する能力を証明する

ベストプラクティスと継続的な学習の恩恵を受けることができる認定HPEネットワーキングプロフェッショナルのコミュニティに加わる

認定されたHPE Networkingエキスパートとしてキャリアと仕事の満足度を高める

HPE ASE Data Center Network はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: 未分類

HP ATP FlexNetwork Solutions

HP ATP – FlexNetwork Solutions V2認定を既に有している場合は、HP ATP – FlexNetwork Solutions V3は自動的に付与されます。

The HP ATP – FlexNetwork Solutions V3認定は、現在の業界標準に基づいたネットワーク技術やソリューションの基本知識を有していることを証明します。この認定は、中小企業向けに、HPE FlexNetwork Architectureに基づいたネットワークの設計や導入、管理方法を理解していることも確認します。さらに、HPEのIntelligent Resilient Framework (IRF)を利用した、最新のコンバージドインフラストラクチャ戦略(ネットワーク仮想化等も含む)を理解していることも証明されます。

この認定資格は、以下が行えるか確認します。

HPEのスイッチに対し、基本的なコンフィグレーション、アクセスセキュリティ、スイッチ設定を適切に実施

STP、リンクアグリゲーション、VLANなどのレイヤ2テクノロジーを構成

スタティックおよびダイナミックのルーティングテクノロジー (OSPF) による基本的なIPルーティングを構成

HPのIMCネットワーク管理ソフトウェアによる

ネットワークの管理とモニター

HP ATP FlexNetwork Solutions はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: 未分類

Juniper Networks Certification Program 2018年1月11日

The Juniper Networks Certification Program (JNCP) Enterprise Routing and Switching track allows participants to demonstrate competence with Juniper Networks technology. Successful candidates demonstrate thorough understanding of networking technology in general and Juniper Networks enterprise routing and switching platforms.

Enterprise Routing and Switching Certification Track

Certification Credential Prerequisite Certification

Juniper Networks Certified Associate Junos (JNCIA-Junos)

None. This is the entry-level credential for the Junos Tracks.

Juniper Networks Certified Specialist Enterprise Routing and Switching (JNCIS-ENT)

JNCIA-Junos

Juniper Networks Certified Professional Enterprise Routing and Switching (JNCIP-ENT)

JNCIS-ENT

Juniper Networks Certified Expert Enterprise Routing and Switching (JNCIE-ENT)

JNCIP-ENT

Juniper Networks Certification Program はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: 未分類

CCIE Collaboration 認定 アップデート 2017年12月29日

CCIE Collaboration 認定は、複雑なコラボレーション ソリューションの設計、実装、トラブルシューティングを行うコラボレーション設計者、ユニファイド コミュニケーション設計者、音声およびビデオ ネットワーク マネージャを対象としています。この認定は、複雑なネットワークでのコラボレーション ソリューションの統合と相互運用、設定、トラブルシューティング、さらにはワークプレイス コラボレーション ソリューションの基盤としてのビデオ、モビリティ、プレゼンスの課題に関する知識とエクスペリエンスを確証するエキスパート レベルの認定です。

音声、ビデオ、IM、プレゼンス、コールセンター ソリューションおよびトレーニングにおけるシスコのノウハウは、ユーザの生産性を向上させ、顧客のエクスペリエンスを改善し、適応性を発揮してシームレスなユーザ エクスペリエンスを提供するコラボレーション システムとサービスを導入するのに役立ちます。

CCIE 認定のための正式な認定条件はありません。他のプロフェッショナル認定またはトレーニング コースは必要ありません。受験者はまず筆記試験に合格してから、対応する実技ラボ試験に合格する必要があります。受験者は、評価項目について深い理解を有していることが望ましく、3〜5年の実務経験を経てから受験することを強く推奨します。詳細については、このページで示す受験要領に関する資料を参照してください。

CCIE Collaboration 認定 アップデート はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: Cisco

CCNP Collaboration 認定

Cisco CCNP Collaboration 認定は、シスコ コラボレーションおよびユニファイド コミュニケーション アプリケーション、デバイス、およびネットワークの設計、導入、設定、トラブルシューティングに関する高度なコラボレーション スキルの習得を希望するシスコ コラボレーションやユニファイド コミュニケーション ネットワークのエンジニア向けのトレーニングおよび認定プログラムです。実務を意識したプログラムになっており、ビジネス価値を実現するためのスキルが身につきます。

コラボレーションは、ビジネスの成功とイノベーションに必要不可欠なものになっています。知識を活用して変革を主導し、組織のコラボレーション エクスペリエンスの有効性を高めることができます。

有効な CCNA Collaboration 認定、またはいずれかの Cisco認定が認定条件となります

コラボレーションの変革を主導するスキルを向上させ、プロフェッショナルとしての価値を高めましょう。

Implementing Cisco IP Telephony & Video, Part 1(CIPTV1)
このコースは、5 日間のインストラクターによるトレーニングで、Cisco Unified Communications Manager、CUBE、および音声会議とビデオ会議を単一サイトの音声およびビデオ ネットワークに実装するための準備に役立ちます。

Implementing Cisco IP Telephony & Video, Part 2(CIPTV2)
このコースは、5 日間のインストラクターによるトレーニングで、Cisco Unified Communications Manager、Cisco VCS-C、および Cisco Expressway シリーズをマルチサイトの音声およびビデオ ネットワークに実装するための準備に役立ちます。

Troubleshooting Cisco IP Telephony & Video(CTCOLLAB)
このコースは、5 日間のインストラクターによるトレーニングで、Cisco Unified Communications Manager、Cisco VCS-C、および Cisco Expressway シリーズを実装した音声およびビデオ ネットワークの問題をトラブルシューティングするための準備に役立ちます。

Implementing Cisco Collaboration Applications(CAPPS)
このコースは、5 日間のインストラクターによるトレーニングで、Cisco Jabber、Cisco Unified IM and Presence、Cisco Unity Connection、Cisco Unity Express、Cisco TelePresence Management Suite などのシスコ コラボレーション アプリケーションを実装するための準備に役立ちます。 http://www.ccnper.com/archives/tag/ccnp

CCNP Collaboration 認定 はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: Cisco

CCNA Collaboration 認定

コラボレーションの変革を主導するスキルを向上させることで、プロフェッショナルとしての価値を高めましょう。

Cisco CCNA Collaboration 認定は、音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションの統合に伴い、コラボレーションおよびビデオに関するスキルを習得、向上を希望するネットワーク ビデオ エンジニア、IP テレフォニー エンジニア、および IP ネットワーク エンジニア向けの実務を意識したトレーニングおよび認定プログラムです。この認定を取得し、これらのテクノロジーの移行から生じるビジネス ニーズの高まりに IT 組織が対応できるようにするためのスキルを習得することで、学習への投資を最大限に高め、プロフェッショナルとしての価値を高めることができます。

Implementing Cisco Collaboration Devices(CICD)
このコースでは、シスコ ユニファイド コミュニケーション(UC)ソリューションの実装に必要なスキルと知識の提供に重点を置いています。エンド ユーザ インターフェイスの管理、テレフォニー機能およびモビリティ機能、Cisco UC ソリューションの保守に関する内容も含まれています。

Implementing Cisco Video Network Devices, Part 1(CIVND1)
これは 3 日間の ELT で、ビデオ ソリューションの特性について説明し、ビデオ ソリューションを適切に実装するための要件を評価するのに必要な知識を受講者が習得できるように設計されています。
ビデオ ソリューションの特性に関する内容も含まれているため、受講者は、コーデック オプション、メディアのフォーマット、プロトコル、ネットワークへの影響、高レベルのアーキテクチャ コンポーネント、インタラクション、環境の必要条件など、ビデオの導入に関する一般的な要件を評価できるようになります。

Implementing Cisco Video Network Devices, Part 2(CVIND2)
このコースは、統合型のシスコ インフラストラクチャに各種のシスコ コラボレーション エンドポイントを実装するのに必要な知識とスキルを受講者が習得できるように設計されています。
シスコのコラボレーション ソリューションに関する説明も含まれているため、受講者は、シスコのさまざまなコラボレーション ソリューション アーキテクチャにおいて、シスコ ユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーション、TelePresence、および Digital Media Player の実装およびトラブルシューティングを行えるようになります。

CCNA Collaboration 認定 はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: Cisco

クラウド トレーニング および認定

ビジネス成果の向上に取り組む中で、俊敏性、柔軟性、および効率を高めるためにクラウドを採用する企業が増えています。すでに大多数の企業が SaaS サービスを利用しており、2018 年までにワークロードの 78 % がクラウドで処理されるようになると予想されています。

CCNA Cloud 認定は、クラウド エンジニア、クラウド管理者、ネットワーク エンジニアを対象とし、業務に焦点をあてた認定およびトレーニング プログラムです。クラウドに関するスキル セットの習得、強化、確認を目的としており、テクノロジーの移行に伴うビジネス要件の変化に IT 部門が対応する際に役立つ内容になっています。

CCNA Cloud 認定では、シスコのクラウド ソリューションの基本的なプロビジョニングとサポートを行うためのスキルを習得できます。エンドツーエンドのクラウドと Intercloud に唯一対応しているシスコの知識を学ぶことができます。

試験および推奨トレーニング
210-451 CLDFND Understanding Cisco Cloud Fundamentals (CLDFND)
210-455 CLDADM Introducing Cisco Cloud Administration (CLDADM)

クラウド トレーニング および認定 はコメントを受け付けていません。
タグ: ,
カテゴリー: Cisco

Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks v2(300-135J)

試験の説明: Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks v2(TSHOOT 300-135J)は、問題数 15
~ 25 問、解答時間 120 分の試験です。Cisco CCNP Routing and Switching 認定を取得するには、この
試験に合格する必要があります。TSHOOT 300-135J 試験の合格者は、次の業務に必要な知識とスキ
ルを有していると認定されます。
 企業の複雑なルーテッド ネットワークおよびスイッチド ネットワークの定期的な保守の計画および
実行
 テクノロジーを利用した手法と系統的な ITIL 準拠のアプローチによるネットワーク トラブルシュー
ティングの実行
次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連
分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラ
インは事前の通告なく変更されることがあります。
5% 1.0 ネットワークの基本事項
1.1 Cisco IOS トラブルシューティング ツールの使用
1.1.a デバッグ、条件付きデバッグ
1.1.b 多様なオプションを使用したルートの ping とトレース
1.2 トラブルシューティング手法の適用
1.2.a ネットワーキング問題の根本原因の診断(症状の分析、根本原因の
特定と説明)
1.2.b 有効なソリューションの設計と実装
1.2.c 解決方法の検証とモニタ
40% 2.0 レイヤ 2 テクノロジー
2.1 スイッチ管理のトラブルシューティング
2.1.a SDM テンプレート
2.1.b MAC アドレス テーブルの管理
2.1.c Err-disable リカバリのトラブルシューティング
2.2 レイヤ 2 プロトコルのトラブルシューティング
2.2.a CDP、LLDP
2.2.b UDLD
2.3 VLAN のトラブルシューティング
2.3.a アクセス ポート
2.3.b VLAN データベース
2.3.c 標準、拡張 VLAN、音声 VLAN
2.4 トランキングのトラブルシューティング
2.4.a VTPv1、VTPv2、VTPv3、VTP プルーニング
2.4.b dot1Q
2.4.c ネイティブ VLAN
2.4.d 手動プルーニング
2.5 EtherChannel のトラブルシューティング
2.5.a LACP、PAgP、手動
2.5.b レイヤ 2、レイヤ 3
2.5.c ロード バランシング
2.5.d EtherChannel の誤設定ガード
2.6 スパニング ツリーのトラブルシューティング
2.6.a PVST+、RPVST+、MST
2.6.b スイッチ プライオリティ、ポート プライオリティ、パス コスト、STP タイマー
2.6.c PortFast、BPDUguard、BPDUfilter
2.6.d ループガード、ルートガード
2.7 その他の LAN スイッチング テクノロジーのトラブルシューティング
2.7.a SPAN、RSPAN
2.8 シャーシ仮想化およびアグリゲーション テクノロジーのトラブルシューティング
2.8.a StackWise
40% 3.0 レイヤ 3 テクノロジー
3.1 IPv4 のアドレッシングおよびサブネット化のトラブルシューティング
3.1.a アドレス タイプ(ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャスト、VLSM)
3.1.b ARP
3.1.c DHCP リレーおよびサーバ
3.1.d DHCP プロトコルの動作
3.2 IPv6 のアドレッシングおよびサブネット化のトラブルシューティング
3.2.a ユニキャスト
3.2.b EUI-64
3.2.c ND、RS/RA
3.2.d Autoconfig(SLAAC)
3.2.e DHCP リレーおよびサーバ
3.2.f DHCP プロトコルの動作
3.3 スタティック ルーティングのトラブルシューティング
3.4 デフォルト ツーティングのトラブルシューティング
3.5 アドミニストレーティブ ディスタンスのトラブルシューティング
3.6 パッシブ インターフェイスのトラブルシューティング
3.7 VRF lite のトラブルシューティング

Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks v2(300-135J) はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: Cisco

Advanced Security Practitioner Certification CAS-002 2017年12月28日

CompTIA Advanced Security Practitioner (CASP) meets the growing demand for advanced IT security in the enterprise. Recommended for IT professionals with at least 5 years of experience, CASP certifies critical thinking and judgment across a broad spectrum of security disciplines and requires candidates to implement clear solutions in complex environments.

The current landscape of cybersecurity requires specialized skills to troubleshoot via customized hacks and build solid solutions. Each hack is unique and must be combated with master-level security skills and experience. As a CASP-certified IT professional, you will demonstrate that you can provide the best cybersecurity solutions and protection for organizations worldwide.  

With the rise of global information security threats, organizations are eager to hire certified individuals with mastery-level cybersecurity skills. The CASP credential validates these skills.

Because hacking has no boundaries, your CASP certification is welcome across the globe.

CASP professionals are trained to work with a variety of hardware and software making it possible to go anywhere in IT.

Advanced Security Practitioner Certification CAS-002 はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: 未分類

Foundations of HPE Storage Solutions HPE0-J75

This exam tests your knowledge of the hardware configuration and architecture of the newest members of the HPE Storage Technologies portfolio and your ability to architect HPE storage solutions to meet customer needs.

Ideal candidate for this exam

Typical candidates have the ATP – HP Storage Solutions V1 certification and intend to migrate the new HPE Storage Solutions V2 certifications.

Exam contents

This exam has 40 questions. Here are types of questions to expect: 

Multiple choice (multiple responses), scenario based

Multiple choice (single response), scenario based

Matching

Multiple choice (multiple responses)

Multiple choice (single response)

Advice to help you take this exam

Complete the training and review all course materials and documents before you take the exam.

Exam items are based on expected knowledge acquired from job experience, an expected level of industry standard knowledge, or other prerequisites (events, supplemental materials, etc.).

Successful completion of the course alone does not ensure you will pass the exam.

Read this HPE Exam Preparation Guide and follow its recommendations.

Visit HPE Press for additional reference material, study guides, and HPE books.

Foundations of HPE Storage Solutions HPE0-J75 はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: 未分類