Menu

CCIE Collaboration 認定 アップデート 2017年12月29日

CCIE Collaboration 認定は、複雑なコラボレーション ソリューションの設計、実装、トラブルシューティングを行うコラボレーション設計者、ユニファイド コミュニケーション設計者、音声およびビデオ ネットワーク マネージャを対象としています。この認定は、複雑なネットワークでのコラボレーション ソリューションの統合と相互運用、設定、トラブルシューティング、さらにはワークプレイス コラボレーション ソリューションの基盤としてのビデオ、モビリティ、プレゼンスの課題に関する知識とエクスペリエンスを確証するエキスパート レベルの認定です。

音声、ビデオ、IM、プレゼンス、コールセンター ソリューションおよびトレーニングにおけるシスコのノウハウは、ユーザの生産性を向上させ、顧客のエクスペリエンスを改善し、適応性を発揮してシームレスなユーザ エクスペリエンスを提供するコラボレーション システムとサービスを導入するのに役立ちます。

CCIE 認定のための正式な認定条件はありません。他のプロフェッショナル認定またはトレーニング コースは必要ありません。受験者はまず筆記試験に合格してから、対応する実技ラボ試験に合格する必要があります。受験者は、評価項目について深い理解を有していることが望ましく、3〜5年の実務経験を経てから受験することを強く推奨します。詳細については、このページで示す受験要領に関する資料を参照してください。

CCIE Collaboration 認定 アップデート はコメントを受け付けていません。
タグ:
カテゴリー: Cisco